【Clay(粘土)の花…思い出NO3ーパンフラワーとの出会いー】

1942年夏。

私は武蔵野美術大学の教授を通じて
西ドイツのFIMOというオーブン粘土を
知ることとなり、粘土の制作が始まりました

そして秋
日本にはじめて南米の伝統工芸「パンフラワー」が伝わります。

朝食の残りのパンが造花に変わる♪
それは衝撃的な出会いでした

食パンにボンドを混ぜた粘土から
花を作れるなんてすご~い♬と
私はすぐ入門をして

パンフラワーの世界に
どんどん魅せられて行くことになります

写真は
食パンにボンドを混ぜて作った
パン粘土から生まれた無垢色の薔薇たち💛

赤ちゃんの肌のような感触

さらに粘土に触れるのが楽しくて
その日から10〜30代にかけて
夢中で作り続けてました。

運命の出会いですよね💛

 

 

我ながら 本当によく飽きなかったと思います(笑)

 

NO4に続く〜

・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・゜゚・*

本日もご訪問ありがとうございました

*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・゜゚・*

粘土で作る

たまらなく愛おしい野の花

◎あとりえ「摘み花」

カラー&テーブルコーディネート

◎暮らしを楽しむサロンスクール

「table-talk」

主宰   藤井浩子

080-3576-0697
table-talk@i.softbank.jp

 

IMG_2278
IMG_2266