【Clay(粘土)の花…思い出NO7ー枯れていく花ー】

私は生花が枯れていく直前に見せる
「暗く褪せた透明感」
に強く惹かれ始めていました

このgrayishな色調に
3年程没頭していくのですが
アンティークで
褪せたような
シャビーな感じが大好きなのは
今も同じ

3年ほどかけて
枯れていく花のシリーズが終わり

40代になったころ
ふと見渡すと私の世界は
インテリアもファッションも
灰暗色のみ

 

暮らしの彩りさえ
失われているのに愕然としました💦💦

これをきっかけに
私は育児中心の暮らしを大切にしたいと
日々の意識を変えることにしました

創作から少し離れて
家庭に明るい彩りを加えて

暮らしを楽しむ

料理や
テーブルコーディネート

お洒落と
カラーコーディネート

に入って行くことになります

 

仕事にも取り入れるために
調理師の専門学校に通ったり
色も学び直して

40代から
暮らしを彩るサロンスクール[Table-talk」
を立ち上げました

 

 

NO7に続く〜

・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・゜゚・*

本日もご訪問ありがとうございました

*・゜゚・*:.。..。.:*・’*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

粘土で作る

たまらなく愛おしい野の花

◎あとりえ「摘み花」

 

カラー&テーブルコーディネート

◎暮らしを楽しむサロンスクール

「table-talk」

主宰   藤井浩子

080-3576-0697
table-talk@i.softbank.jp