[table-talk…素敵な高齢の生徒様】

[粘土の花…矢車菊と擬宝珠の葉]
生徒さまの中に80代の方もいらっしゃいます…
ご一緒していると
「幸せだな❤️」と思う時がもたくさんあります
戦中戦後を生きてこられた方には
人としての品格のようなものを
感じることが多いです❤️
人を立てる…
謙遜される…
節度がある…
季節を敬う…
丁寧な言葉……
などなど
住んでいるところや暮らし方は
様々なのに
同じようなオーラを感じること多いです
大正時代のモダンや…
昭和時代のレトロや…
お洒落感
こんな世界が漂ってきます
季節折々の楽しみ方を
知っていっしゃる♡
暑い日々には
話題の中に
夏の風物詩がどんどん〜どんどん溢れて来ます
簾すだれ…蚊帳…風鈴…行水…
金魚…浴衣…花火…うちわ…打水
スイカ…びわ…かき氷…水羊羹
蛍…蝉…クワガタ…トンボ…松虫
とってもお洒落で
粋な風物詩
昔は
時がゆったり流れていたからなんでしょうか…
いつも季節を感じていたんでしょうか…
経済的な格差とか
老後の不安とか…
最近はそんな話も多いですが
先のことよりも
「生きている今を楽しむ」
という感覚が主流だったのでしょうか
決して平穏ではなく
豊かでもなかったであろう時代
でもお年寄りとの語らいの中には
とても豊かさに通じるものを感じます